コムコナの本音であれこれ

コムコナプロモーションをオープンするにあたり、知人、友達にサポート内容についての「なんでこうしたの?」という質問を投げかけてみました。いくつかにまとめさせていただき、すべてcekinecoが本音でお答えします。

cekinecoについては、こちらをご覧ください。

嘘偽り無く、正直にお答えしますので、「ずるい!いやらしい!」と思うのも自由ですし、「こういう戦略があるのか!」とご自身の事業の参考にしていただくのも自由です。

理由は2つあります。

ひとつは、多くの人がとくに集客で困っていること、そして僕が起業した当時に「昔こんなサイトあったら絶対使ってたわぁ」と思ったからです。お金を出せばいくらでも広告をしてくれる業者はありますが、結局は莫大な費用が必要なこと、それから業態に合う広告の出し方をきちんと分かっている人は少ないのが現状です。

無料会員が手軽に行なえるコムコナ広告が「無料」であれば、仮にここでターゲットとなる人が思うように表れなかったとしても、「損になる」ことは絶対にないので、「無料」でいくことを決断しました。

もうひとつの理由は、「無料」であれば多くの事業主を集めやすくなり、結果的に自社で提供する「完全初心者向けの起業・経営サポート」のクロージングに繋げやすいからです。

ビジネス用語である「無料戦略」という手法ですが、無料戦略を上手に活用したり、フロントエンド、バックエンドをしっかりと明確に定めてプロモーションしている会社(人物)は売上を確実に伸ばすことが出来ます。

おおよそ30,000円以上のサポートはクレジットカード決済のみ分割可能にしました。

自社のお客様は「起業家1年生」「これから起業をする人」を対象にしています。今サラリーマンかもしれない、主婦のお母様方かもしれない、もしかしたら学生さんかもしれません。

ただでさえ「起業」に勇気がいるのに、サポート(コンサルティング含む)に一括で30,000円以上支払える人はそう多くはないと思いました。お客様の負担を軽減し、挑戦しやすい状況をこちらがご用意させていただくことで、少しでも行動のきっかけになってくれれば良いなという考えから分割OK&手数料無料にしました。

今は個人で引き受けているところもあるので、値段だけで考えたら「うちとこは特別めちゃくちゃ安いよ!」というわけではないと思うのですが、僕としては、サポート内容にはかなりの自負がありますので、値段と照らし合わせたら「適正価格以下」であると思っています。

理由は上述にもあるように、やはり弊社のターゲットが起業家初心者の方であるからです。起業の面白さ、いろは、将来像をいくら伝えられたとしても値段が高ければ挑戦しにくいと思います。

基本は僕が一人で行えば人件費はかかりませんので、まずこの部分でコストカット出来ます。そして会社問い合わせ窓口を電話対応からメール対応に切り替えました。

そして、お申込みから決済までを完全自動化することにより、請求業務を軽減する仕組みを取り入れたこともコスト削減に繋がっています。

お客様からしても、どこの馬の骨か分からない人からバラバラに対応されるよりも、コムコナプロモーションで行なうサポートを僕が原則ひとりで対応することが出来れば、お客様の安心や信頼に繋げやすいと思っています。

堅苦しい関係じゃなく僕も楽しみながらサポートをし、お客様も楽しみながら起業の勉強をしてもらえたら本当に嬉しいですし、成功する確率もグッと上がるかもしれません。

そんなこんなで、この価格で挑戦しています。

ごめんなさい、本当はこの質問はされていません。書きたかったので勝手に書きますね?

目標はふたつ。

1、『起業したいならコムコナ頼ったら?』と人が人を呼ぶ存在になること。

2、『(本気の人が)コムコナ頼ればそりゃほぼほぼ成功するよね!』と言われること。

深く言わなくてもこれがどういう意味かは分かっていただけると思いますが、これは本気で実現させたいです。むしろ、これを叶えるためにこれまで自分なりに「起業家として」、「経営コンサルタントとして」、「カウンセラーとして」をやってきたと言っても過言ではないレベルのあれです。

これを叶えるまでくたばるわけにはいかないので、本気でやっていくことを僕は約束しますので、逆に「本気の方だけに」利用してもらいたいと思います。

本気と本気で真正面から向き合って、一緒に成功したいです。

ただ、ひとつだけ分かっていただきたいことは、成功した場合の成功した理由は、僕の手柄でも何でもなく、「お客様が頑張ったから」です。逆も言えます。僕は最大限のことをしますが、実際に事業を運営していくのはお客様です。お客様が頑張らなければ成功は出来ません。

ですから、2の目標には「(本気の人が)」というカッコ書きがあるのです。

同じような志の人と出会い、互いを刺激し合えるような関係になれたら、これはかけがえのない財産になると思っています。